日々雑感 1389

AIM日常

3月11日なんですけど、この日は東北で大震災があった日です。津波で多くの方が亡くなられた日でもあります。福島の第1原子力発電所のことも含めて、忘れられない日です。阪神大震災の経験もあるので、本当に人ごとじゃないです。毎年1月17日と3月11日は、いろいろなことを考えてしまう日になっています。他にもいろいろな災害があり、そこで被災された方のことを思うと、言葉もないです。できることといえば、少しでも心穏やかに過ごされることを祈るばかりです。

最近は春期講習の準備で究極に忙しくて、ブログの更新もままならないんですけど、3月11日だけは更新しようと思って更新しました。最近は忙しさに紛れて、なんとなく「雑」に生きているような気がしていたので、このあたりで心を入れ替えて「丁寧」に生きていきたいと思います。

受験生の皆さんも、できれば「丁寧」に生きてほしいですね。勉強できる環境があることの有り難さ、あたたかいご飯が食べられることの有り難さ、こういうことを忘れると生き方が「雑」になると思っています。抽象的な話で申し訳ないんですが、今年の3月11日という日に思ったこととして記しておこうと思いました。

国公立大学の後期日程試験を明日(12日)受験される皆さん、AIM生に限らず、全国の受験生が無事に受験できますように。そして皆さんのこれまでの努力が、テストに、そして面接に反映されますこと、心より祈ります。頑張ってきてください。

コメント

  1. 谷口裕亮 谷口裕亮 より:

    私もそう思います。
    心に留めておくべきいろいろなことを学び、忘れず、生きていけたらいいですね。
    後ろ向きというわけではなく、前向きに進むために覚えておくべきことはたくさんあると思っています。

    今日は心の底からそう思います。
    お互い忘れてはいけないことは忘れず、しかも前向きに生きていきましょう!

  2. より:

    何年経とうと、震災の事を忘れてはいけないと思います。そして、今生きているという幸せを噛み締めて理性的に生きたいと感じました。